迫真社ホームページ
出版社として図書案内応募と起案実 践 例 

実践例

実践例として

建築の試み

思考の断片

筆耕の材料





















宙に浮くカエル
                     ↑ 写真 輿水進 

        建築で実践
 建築 実現した建築に、偽りは存在しません。設計は間違いなく“実現”できるための計画、つまり思索のことです。

 設計 偽らざる設計の“実践”により“建築”されたとき、その設計が偽りでなかったことの確信も得られます。

 著作家の方へ 次のコーナーで、実践の例を専門である建築でご披露させていただきます。
  設計をお請けしたら、実現できると確信できるものを、予め絵として施主のかたにお見せしてから、設計図として完成させます。
 設計図に描かれたことも、偽りや嘘の場合は“実現”させることはできません。実践はその正直な結論です。

 
読まれたら憎まれるであろう著作も、真実を貫こうとするものは名著にふさわしく、遺されるべきです。  


    思考録を少し

 有り余った時を費やすために、わたしもよくカフェに出かけ、ゆったりとソファにかけて物思いにふける。

 誰かが、世界の始まりはビッグバンだと言った。満天の星すべては本来よりも赤みがかっているのが観測される。これがことの発端だった。これは赤方偏移と呼ばれ、赤方偏移を起こすのは星が遠ざかりつつあるために光の波長が伸びて起こす“ドプラー効果”による、と説明されている。野原を行く汽笛が、過ぎ去りざま、音程を下げるあの現象である。

 一旦こう説明されると、それは違うと申し立てる科学者は一人もいない。なぜ申し立てることができないのかといういきさつは、色々とあろう。


                      (編集部)