不定期便 由来

 
 思い浮かぶことを書き留めていると、誰かに話してみたくなる。こうして始めたのが『筑波からの不定期便』私から数人の方に送り始めたものだ。
 相づちをうってもらえたら嬉しくなるけれど、毎回入ってくるチラシのような能書きに、誰だってそうだ、いちいち反応しなくなる。なにしろ、内容が自然の持つ“物理”という、地味なものが主たるテーマなのだから。

 それでも、せっかく思いついたことだから、ご報告だけはする。そうしていたら、回数だけは積み上がってきた。
 人に宛てることの利益もある。複数の眼に触れると思えば、これで分かるかしらと文面も存分に練って、「て
」まで気を遣うことになる。すると内容もまた、きゅっと引き締まったものになるようだし。
 地味だけれど、これぞまことの“実践”物理学。この基盤の上に、諸兄が美しい結晶を成長させてくださるなら、どんなに嬉しいことか。

 出版社の人には“う〜
”と言わせたかったが、中身が物理談義では、いかんせん、ウンともスンともご返事を獲得することはできない。
 それならばと、人口1億を超すわが国の人の中にはいくらか興味を持ってくれる、頭の良い人がいるかもしれないと、かすかな望みを託してインターネットに配信してみることにする。じつはいまこの時代に一つ、大事な提言ができたからだ。
 そんなわけで、全国の皆様どうぞよろしく。

 2014年12月